バドミントン練習方法

 90日以上実践して成長を全く実感できなければ全額返金します。 ⇒ 簡単バドミントン上達法

ウエスタングリップ

イースタングリップが包丁を握るのと同じ要領なら、ウエスタングリップというのは、フライパンを握るのと同じ要領となります。グリップの八角形の広い部分を、人差し指と親指のVの字があたるような握り方です。


ラケットの面が、前を向いているため、シャトルを捕らえやすいのがメリットですが、相手にラケットの面が見える分、次の動作を読まれやすいというデメリットもあります。なので、慣れてきたらウエスタンからイースタンに変更して練習してみましょう。


どちらか一方がいいとか、悪いとかではなく、状況に応じて使い分けるという手もあります。バックハンドやレシーブのときにウエスタンの方が手首の可動範囲も広くなり、シャトルが捉えやすいため、初心者には向いています。


より複雑なうち方や状況に応じて、打ち分けたいときはイースタンで握りかえるようにしましょう。まずは習うよりも慣れろです。どちらの握り方が自分にあっているか、徐々にわかってきますので、ひたすら練習してみてください。

グリップの握り方関連コンテンツ

イースタングリップ
ラケットのグリップの握り方には、イースタングリップとウエスタングリップがあります。イースタングリップ ..... >> 続きを読む

簡単バドミントン上達法

スピードを出すための基本練習をどれだけやるかがカギ!
この簡単バドミントン上達法は1日数分でどなたでも確実に上達できるマニュアルです。これまで多くの理論書を読んで練習したのに、なかなか上達できないという方におすすめします。というのも、実は、バドミントンの上手さは知識の量では変わりません。筋力をうまく使ってスピードを出すための基本練習をどれだけやったかがポイントです。そのコツを、このマニュアルで身につけてください。


オリンピック総合コーチが教えるバドミントン上達法

試合で勝つためのテクニックを教えます!
バドミントンで何よりも重要なことは一般的には基礎練習だと言われています。それは確かですが、どんなに基礎練習が上手くても、試合に勝てなければ意味がありません。つまり、本当に必要なのは「試合で勝つためのテクニック」なのです。それをオリンピック総合コーチが8つのテクニックとしてまとめ、マニュアル化しました。これに沿って練習すれば、たった10日間で驚くほど上達できます。


試合に勝つためのバドミントンダブルス練習法

毎日25分間実践するだけで上達します!
もし、バドミントンを本当に上達したいなら、「バドミントンダブルス練習法」に書かれている練習法を、毎日25分間実践してください。それだけで、あなたは上達を実感することでしょう。この「バドミントンダブルス練習法」は、6枚のDVDと1冊のテキストに、バドミントンの上達に必要なものが全て詰め込まれている教材です。しかも、90日間実践して効果を感じられなければ、全額返金という保証までついています。


 

サイトマップ

悪質サイト