バドミントン練習方法

 90日以上実践して成長を全く実感できなければ全額返金します。 ⇒ 簡単バドミントン上達法

理想的なフォーム

バトミントンのグリップの握り方は大きく分けて二通りあります。その二通りとは、イースタングリップとウエスタングリップです。フィンガーグリップやローリンググリップ、フォアハンドグリップなどという呼び方をしていることもありますが、これらはイースタングリップの別名として呼ばれている名前なので、握り方は同じです。


イースタングリップの握り方は、床に対してラケットを垂直にし、グリップに握手をするように握る最も一般的な握り方です。また、イースタングリップに対し、ラケットを床に平行にして、真上から握る握り方をウエスタングリップと呼びます。バトミントンのグリップの握り方は握る位置も重要になってきます。


グリップを短く持つと、遠心力を使うことができなくなり、球の威力が弱くなってしまいます。長く持つとラケット面からグリップまでの距離が延びることで遠心力がつきます。その結果、球の威力も強くなります。しかし、長く持つということは、コントロールがしにくくなってしまいます。


理想的なフォーム関連コンテンツ

スマッシュの打ち方
バトミントンのスマッシュは、バトミントンの技の中でも攻撃力が一番あるといっても過言ではない技です。そ ..... >> 続きを読む

簡単バドミントン上達法

スピードを出すための基本練習をどれだけやるかがカギ!
この簡単バドミントン上達法は1日数分でどなたでも確実に上達できるマニュアルです。これまで多くの理論書を読んで練習したのに、なかなか上達できないという方におすすめします。というのも、実は、バドミントンの上手さは知識の量では変わりません。筋力をうまく使ってスピードを出すための基本練習をどれだけやったかがポイントです。そのコツを、このマニュアルで身につけてください。


オリンピック総合コーチが教えるバドミントン上達法

試合で勝つためのテクニックを教えます!
バドミントンで何よりも重要なことは一般的には基礎練習だと言われています。それは確かですが、どんなに基礎練習が上手くても、試合に勝てなければ意味がありません。つまり、本当に必要なのは「試合で勝つためのテクニック」なのです。それをオリンピック総合コーチが8つのテクニックとしてまとめ、マニュアル化しました。これに沿って練習すれば、たった10日間で驚くほど上達できます。


試合に勝つためのバドミントンダブルス練習法

毎日25分間実践するだけで上達します!
もし、バドミントンを本当に上達したいなら、「バドミントンダブルス練習法」に書かれている練習法を、毎日25分間実践してください。それだけで、あなたは上達を実感することでしょう。この「バドミントンダブルス練習法」は、6枚のDVDと1冊のテキストに、バドミントンの上達に必要なものが全て詰め込まれている教材です。しかも、90日間実践して効果を感じられなければ、全額返金という保証までついています。


 

サイトマップ

悪質サイト